瞼がたるむと老けてみえます – 若々しい目元を実現するアイクリームや美容液を紹介

身体カラカラ?体の水分量を上げるには?


体の潤いは水分補給から見直す?

赤ちゃんの潤いに満ちたみずみずしい肌は、女性の憧れの的ですよね。みんな昔は綺麗な肌だったのに、一体いつからこの肌の潤いは、失われてしまうのでしょうか?

水分量が少ないと?

人間の体はほとんどが水です。体内の水分量は、年齢、性別、あるいは肥満度によって違いがあります。たとえば新生児は体重の約75パーセント、子どもは約70パーセント、成人は約60パーセント、老人では約50パーセントを水が占めています。胎児ではなんと体重の約90%を水が占めているほどです。

身体の水分量を上げるには?

肌の水分量って気にしたことありますか?どこにいてもエアコンが効いていて快適な環境ではありますが、肌や体からはどんどん水分が奪われているのです。気づかないうちに「隠れ乾燥肌」になってしまうことも!そこで注目したいのが、肌の水分量です。ここでは、肌の水分量を上げて、みずみずしい肌になるための3つの方法を紹介します。

朝晩の洗顔で汚れをきちんと落とす!
 (肌の汚れは、肌を酸化させダメージを与えてしまいます。朝も寝ている間の汚れが付いているので、水洗いだけでなく洗顔料を使って洗顔しましょう。)

エアコンでの乾燥に気をつける事(特に夏場)
冬場は加湿器等でお部屋の湿度が上がり過ぎないように注意する事
洗い過ぎない事
洗顔の時の水温は体温に近い温度のものがベスト(お湯だと脂を取り過ぎます注意!)
化粧水はけちけちせずにたっぷり使用する事
丁寧なハンドプレス
アイテム同士の間隔も重要。先につけたものが浸透してから次がお約束。

ダイエットに必要な一日の水分量|水が代謝を上げるって知ってる?

肌にもいいしダイエットにも良い!

あなたが感じる「自然な水不足のサイン」を知ることが大切!

いくら水を飲めば代謝が上がると聞いたからと言って、飲みすぎれば体を冷やしたりむくんだり
という状況になってしまいます。

特にダイエット中は食事の量が少ない事から、あなたの体が出している「喉が渇いた」という
サインを見落としがちです。

続きはこちら

目元化粧品 おすすめ
bglen QuSomeアイセラム
beglen QuSomeアイセラム
ディセンシア アヤナス 敏感肌用 目元ケア 美容液
decencia【アヤナストライアルセット】
カテゴリー