瞼がたるむと老けてみえます – 若々しい目元を実現するアイクリームや美容液を紹介

頬のたるみの原因と改善するには


この記事は私がまとめました

koba58mixiさん

頬のたるみとは

肌のたるみの中で最も気になるのが頬のたるみでは無いでしょうか。
年齢を重ねたために肌がコラーゲンを失い、ハリをなくしてたるむようになると頬もたるみます。
頬のたるみが起きることで様々肌の悩みが増えるケースが多くあります。

例えば頬のたるみが起きることでほうれい線といわれるしわが目立つようになり、口元の小じわが増えるなどの悩みも追加されます。
年を取ると誰でも、頬のたるみが増えてくるものだとされています。
皮膚にたるみが出ると、毛穴が重力に引かれて縦に広がったり、肌の弾力性が弱くなってひとたび跡がつくとなかなか消えなくなるなどの症状が考えられます。

毛穴が目につくようになると、皮膚の弾力が乏しくなってきているサインです。
毛穴が縦に伸びたために以前よりくっきりしていたならば、皮膚のたるみが大きくなっているといえます。

30歳をオーバーする頃になると、肌のたるみが気になるものです。深いしわのできる要因として顔のたるみが関係していると考えられています。
リフトアップやフェイスリフトで肌のたるみを解消しようとしている人は多く、様々な美容商品やマッサージが知られています。
肌のたるみによって下がってしまった頬などを持ち上げる効果を謳った商品が多く販売されています。

頬のたるみの原因

若い頃にあった肌の弾力がなくなり、年齢と共に皮膚がたるみやすくなると、頬のたるみが目立つようになります。
肌の張りはコラーゲンによって保たれています。

加齢によって生成されるコラーゲンの量が減少することから頬のたるみや顔全体の肌のたるみが起きるとされています。
加齢と共にコラーゲンが作られづらくなるのは、年を取って血の巡りが悪くなったことから、皮膚の細胞に栄養が行き届かなくなるためだといいます。

老化だけが頬のたるみの原因ではありません。
日々のストレスや紫外線等による影響など、活性酸素が発生した場合におきるコラーゲンの破壊も要因のひとつとされています。
体重が増えるなどで皮膚の内側の脂肪が多くなると、重くなったぶんの皮膚が下に引かれてたるみになります。

このほかにも、無理のかかるダイエットをしたために脂肪が減りすぎ、皮膚が余ってたるみになる場合もあります。
皮膚の下に存在していた表情筋が、皮膚の弾力がなくなったことで支えを失い、たるみになることもあります。
加齢で筋肉自体が減少することも頬のたるみとなるとされています。
身体のむくみも頬のたるみの要因であるとされています。
むくみは体内の水分が停滞することで起こります。
排出が不十分なままに水分ばかり取り入れているとむくみがひどくなり、それが重力のためにたるみを作ります。
ブルドックを連想するような頬のたるみには、様々な理由が存在しています。

頬のたるみを改善するには

頬のたるみ対策には、幾つかの方法があります。
美容外科での施術のほか、サプリメントやマッサージなども有効です。

頬のたるみを自宅で直ぐ出来る方法で解消したいという方は、日々衰えてしまう表情筋を鍛える運動や、マッサージがあります。
顔には表情を作る筋肉がたくさん張り巡らされていますが、基本的にはその3割ほどしか使っていません。

若い頃は皮膚の隅々まで送り届けられていた栄養成分が、年齢と共に血流が悪くなって流れづらくなり、コラーゲンの生成が追いつかなくなるようです。
表情筋を鍛えることは顔のたるみの解消に有効だと考えられています。
頬と口元の筋肉に神経を集中し、口の両端を持ち上げるようにします。

まずは右、次は左と、数秒ずつ、口元と頬の筋肉に力をこめて持ち上げるような運動をしましょう。
左右繰り返し、それぞれ10回を目安に行うという内容です。
リンパの流れなどを促進させ、老廃物を溜め込まないようにするリンパマッサージも有効だとされています。
顔にもリンパの流れが多く集中しているため、頬のたるみやフェイスラインを整える効果が期待出来るとされています。
頬だけでなく、顔じゅうのたるみを目立たなくするために、リンパマッサージや表情筋トレーニングを毎日続けてみてください。
頬のたるみによる5年後10年後の顔の印象が全く変わってくるとされているため是非実践してみたいものです。

続きはこちら

目元化粧品 おすすめ
bglen QuSomeアイセラム
beglen QuSomeアイセラム
ディセンシア アヤナス 敏感肌用 目元ケア 美容液
decencia【アヤナストライアルセット】
カテゴリー